« 2018年1月 | メイン | 2018年5月 »

2018年2月

2018年2月17日 (土)

城島酒蔵びらき

本日、明日は毎年大盛り上がりの
城島酒蔵びらきです。
http://nanbu-shoko.jp/sakagura/
飲まれた分、しっかり水も飲んでください。

https://www.facebook.com/hoshikuma7/

Imgp0487_1

2018年2月10日 (土)

お知らせできました。

季節商品のお知らせができました。
9号酵母でお馴染みの香露(熊本県酒造研究所)の
筆頭株主でもあり、東肥赤酒で有名な瑞鷹酒造さんの
「瑞鷹崇薫 純米吟醸生原酒」も入荷しています。

下記はその瑞鷹酒造さんのお知らせです。

3月初旬に実施しておりした恒例の「川尻の酒蔵まつり」は、
弊社の震災被害により、本年もこれまでのような形での
実施ができなくなってしまいました。
楽しみにしていただいていたお客様には深くお詫び
申し上げます。現在、実行委員会と弊社では、昨年同様
「瑞鷹 新酒蔵出し市」と銘打った、しぼりたて新酒の
販売会を下記のとおり計画しております。会場の都合上、
これまでのような一杯無料の試飲や、テーブルを囲んでの
コミュニケーション(飲みニケーション)の場は
ご用意できませんが、この機会にぜひ川尻まで足を
お運びくださいませ。

名称  瑞鷹新酒蔵出し市
日時  平成30年3月4日(日)11:00~14:00
場所  瑞鷹 西門一帯
内容  しぼりたて新酒販売、おつまみ類等の販売

201822




車が店に突っ込ん出来ました。

昨日昼前、レジから外を眺めていると向かいの
スーパーの駐車場から猛スピードで軽自動車が
縁石を乗り上げそのままお店に突っ込んできました。
ニュースでコンビニにアクセルとブレーキを
踏み間違えてというニュースは目にしたこが
何度もありましたが、まさか自分の店に。
幸いけが人がいませんでした。
しばらくの間、一部シャッターがおりっぱなし
ですが、張り切って営業していますので
皆様のご来店お待ちしております。
https://www.facebook.com/hoshikuma7

Photo

2018年2月 9日 (金)

酒米「山田錦」、生産量の第2位は福岡県!

Dsc_3238






















日本酒のはほとんどが「酒造好適米」と言われる、粒が大きめで心白があるお米を
原料に来醸されています。
その中でも酒造好適米で代表的な「山田錦」。

この山田錦は、東北から九州までで広い範囲で栽培されていますが
兵庫県に次いで生産量第2位を誇るのが福岡県です。
福岡の中でもその大半は糸島産です
(福岡県の中でも西に位置するエリア)。

山田錦は、やわらかく、ふくらみがある味わいが特長です。

同じ山田錦でも使用する酵母や、精米歩合など様々な要因で味は違いますので
各酒造元の味を呑み比べするのも楽しいかもしれません。

大雪の影響で

雪の影響で遅延が発生しています。
石川県白山市に位置する手取川で
お馴染みの吉田酒造さん。
http://tedorigawa.com/
火、水曜日と出社できないほどの
大雪だったそうです。

Imgp0485

2018年2月 7日 (水)

お知らせ

ここ数日積雪でテレビ中継で目にしていた嘉麻市に位置する
寒北斗酒造さんの今年の「寒北斗30vision雄町純米生」最高です!
やわらかで味がありながら、くどくない旨味にフレッシュ感、
思わず試飲のつもりがグイグイ杯が・・・

https://www.facebook.com/hoshikuma7/

201821

家族で楽しめる焼酎蔵

ふらっと立ち寄れ老若男女楽しめる
鹿児島県姶良に位置する白金酒造さん。
VRで造りの映像が見れたり、
子供向けに硝子アートが作れたり、
箱火鉢で燗した焼酎が楽しめたり
エンターテイメントがバッチリの
蔵元さんです。お土産も焼酎は
勿論のこと、社長ハンドメイドの
前掛け生地のかばんや、
全国の珍味、器など充実してます。
鹿児島に行く途中、もしくは帰りに
ふらっと、オススメです。
https://www.facebook.com/hoshikuma7/

F

Photo_2

 

知る人ぞ知る、宮崎「千徳酒造」の「穂倉千徳 純米酒」

Dsc_3239_2




















こんにちは、ほしくま酒店です。
今日は、宮崎の「千徳酒造」さんをご紹介します。


出会いは、約3年前のこと。
宮崎に特化したある飲食店さんから宮崎県の日本酒が欲しいので探してと言われ、
宮崎県の焼酎蔵さんに紹介していただいたのが始まりです。

今「ほしくま酒店」でお取り扱いさせていただいている
千徳酒造の「穂倉千徳 純米酒」は、
やわらかな旨味とキレのいい後味が特徴で、料理を選ばず、
冷、燗どちらもオススメです。

取り引きを始めた当初、ブラインドでこのお酒をお客様に試飲していただいたら
ほとんどの方が東北のお酒と思われていました。

焼酎王国・宮崎県でありながら、千徳酒造さんがつくるお酒の9割が
地元で消費されています。

※千徳酒造さん=芳醇甘口をイメージされている方もいらっしゃると思いますが、
今回ご紹介の「穂倉千徳 純米酒」はタイプが違います。

昨日

通行止めをギリギリ避け
森伊蔵さんに。垂水道の駅、
海鮮丼オススメです。ブリの養殖場、
桜島を見ながらいただけます。
足湯もあります。

Photo

 

最近の写真

  • 201882_2
  • Imgp1209
  • Imgp1190_2